ナイチンゲールを目標に

看護師に必要な適性

憧れの人にできるだけ近づくため、夢に向かって努力することは大切なことです。しかし一方で、人それぞれに適性があり、必ずしも努力だけでカバーできるとは限りません。献身的な看護で有名なナイチンゲールに触発され、将来看護師になることを決意する女性は実際に多くいます。しかし、現実に看護師を目指すのであれば、本当にその仕事に向いているかどうかについて、客観的に判断しなければなりません。看護師の仕事は、ケアの精神が重要な素質です。しかし、看護活動を行うためには、高度な学力も持ち合わせていなければならないという問題があります。医療のために扱う器具や薬品について、正確な詳しい知識を持っている必要があるのです。まず、看護師の資格を取得するだけでも多くのことを学習しなければなりません。病院などの医療現場で仕事をする場合は、さらに覚えるべきことが多く待っています。それらの勉強も苦もなくこなせるかどうかが、ナイチンゲールを目指して看護師を選ぶことができる条件の一つです。もしそのような素質がないと感じるのであれば、他の道で人々のケアに貢献できる道を選んだ方が、本人にとってプラスになります。適性がある仕事を選んだ方が、良い結果が表れるものです。看護師の仕事はあくまで働き方の一つであり、必ずしも固執する必要はありません。しかし中には、看護師以外の仕事に就いたものの夢を捨てきれずに看護師へ転職し、医療現場で活躍している人も多くいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です